ストレスの削減方法!自分の行っている2つの事

ヘルス

日々、生活をしていると様々な事でストレスを受けます。
そしてストレスが蓄積され、倦怠感に駆られたりします。
そうならない為にも、ストレスを削減していきましょう。

今回は自分が行っている方法を説明します。

ストレスを受けやすい状況

まずは、どんな時に人間はストレスを受けやすいのか?
その状況について知っておきましょう。

have to(〜しなければならない)

have toは強制の意味があります。
例えば、「お金を得る為に仕事をしなければならない」とか、「親に怒られるので家事を手伝わなければならない」などです。
つまり、『受動態』の状況です。
この状況の時にストレスを溜めやすくなります。

じゃあ、どうすればいいのか?
それは『want to(~したいからやる)』です。
つまりは『能動態』の状況です。
このwant toの状況に自分はしています。

have toからwant toへの変換方法

しかし、皆さんの多くはhave toの状況でしょう。
この状況をひっくり返すやり方は、「やりがいを見つける」です。
仕事の場面であれば、お客さんの笑顔を思い浮かべましょう。
家事などは、家族の笑顔を想像しましょう。
こうする事でwant toに変えることができます。

want toのメリット・デメリット

とはいえ、want toにもメリット・デメリットは存在します。
この事も知っておきましょう。

メリット

メリットとしては、そのことでストレスを受けにくくなります。

デメリット

デメリットとしては、「のめり込みすぎ」「飽きる」ことがあります。

まあ、飽きた場合は自分の『続ける』に関する記事を読んでください。

選択肢を作る

実は選択肢は2つある

よく抽象度が低い方は、選択肢がないと思いがちです。
しかし、事実選択肢は存在しています。
今回の様に外部によるストレスについては、

  • 反応する
  • 反応しない

といった、2つの選択肢があります。

反応しない

他人の言動に対して、反応するのをやめましょう。
反応し続けるとストレスは溜まる一方です。
とはいえ、反応しなさすぎるのも問題です。
適度に反応しないという選択をしましょう。

まとめ

  • have toの時に、ストレスを受けやすい
  • have toからwont toに変換する
  • 他人の言動に対して、2つの選択肢がある
  • 適度に反応しない事で、ストレスは軽減する

以上が自分の行っている事です。
この技術を身につけて、ストレスを軽減しましょう。

コメント

  1. […] まずはストレスを溜めないことや、発散する事が良いです。ストレスを溜めない方法についてはこちらの記事をチェック!そして、ストレスの発散方法としては、 […]

タイトルとURLをコピーしました